技術は進んでも”人がすべて”をモットーに